たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2016年05月21日

足と口と心もて 絵画展足と口で表現する世界の芸術家たち

昨日、『絵画展足と口で表現する世界の芸術家たち』を拝見してきた。
場所は花小金井にある三菱電機ビルテクノサービス教育センター。
これは、生まれつき、または病気や事故で両腕の自由を失った方々が足や口を使って描いた絵画展。

最初は「うーん、両手あってもこんなにすごい画、書けないなぁ」と、画家の身体状態を思いながら拝見していたのだが、やがて「画」が「画」としてだけ見えるようになる。
このような画を描けるようになるまでの、道のりは決して決して平たんなものではないのだろうが、それを忘れてしまうほど「心を動かされる画たち」が並んでいるのだ。

入口で確認したが会場内での写真撮影OKとのこと。
でも、あまり画に近づいての撮影はためらわれたもので、こんな写真とか、

こんな写真で。


会期中には、実演コーナーもある。

昨日は、森田 真千子さまが実演。
明るい笑顔と色使いが素敵!
今日と明日は古小路 浩典さまが実演のご予定。
古小路さまの絵は童話のような可愛い画が素敵だった。
また自転車走らせるかなぁ。

なお、この絵画展は入場無料。
だから、ぜひショップコーナーにお立ち寄りを♪

絵画展『足と口で表現する世界の芸術家たち』の詳細はこちら
口と足で描く芸術家協会のサイトはこちら。 
5/20(金)実演の森田真千子さまご紹介サイトはこちら。
5/21(土)、22(日)実演の古小路浩典さまのご紹介サイトはこちら
  


  • Posted by エルダベリイ at 06:58Comments(0)小平小平イベント情報

    2016年05月20日

    小平イベント情報 2016年5月20日発

    玉川上水沿いの木々の緑もすっかり濃くなり、葉陰が心地よい季節。
    おでかけには絶好の小平。
    今回も、イベント情報山盛りですよ。

    2016/2/10(水)-5/29(日)の水、土、日、祝10:00-16:00鈴木遺跡特別展 見えてきた鈴木遺跡の姿(リンク先は資料館サイト)於:鈴木遺跡資料館

    2016/4/19(火)-5/29(日)10:00-16:00ふれあい下水道館 自然エネルギー展と体験教室於:ふれあい下水道館

    2016/5/20(金)-22(日)10:00-16:00口と足で表現する世界の芸術家たち於:三菱電機ビルテクノサービス・教育センター内体育館

    2016/5/21(土)13:30-14:30紙芝居を楽しもう(リンク先は小平ふるさと村)於:小平ふるさと村

    2016/5/21(土)11:00-15:00バスとタクシーの広場イン小平2016於:ブリジストンTODAY駐車場

    2016/5/21(土)10:00-16:00、22(日)10:00-15:00第40回上宿公民館まつり於:上宿公民館

    2016/5/22(日)10:00-15:00北野中バザールさつき展(リンク先7頁ミニ情報欄)於:北野中集会所

    2016/5/22(日)-29(日)第12回花と緑のこだいら ガーデニングコンテスト(リンク先6番目記事)於:市役所玄関前広場

    2016/5/23(月)-27(金)10:00-16:00ガレージセール於:おだまき工房

    2016/5/28(土)10:00-12:30BSフェスティバル(リンク先7頁ミニ情報欄)於:ブリジストン体文センター

    2016/5/28(土)、29(日)10:00-16:00第35回花小金井南公民館まつり(リンク先4番目記事)於:花小金井南公民館

    2016/5/29(日)10:00-14:00ごみゼロフリーマーケット(リンク先2番目記事)於:市役所北側立体駐車場

    2016/6/3(金)、4(土)きんどん市(リンク先は商店会サイト)於:学園坂商店会

    2016/6/5(日)、12(日)10:00-15:00東京土建小平東村山支部第39回住宅デー於:5日多摩信用金庫小平支店駐車場、12日東部公園(五小正門前)、天神地域センター公園、美園地域センター、学園東町地域センター、中島地域センター

    2016/6/6(月)-10(金)9:30-16:00障がい者施設製品販売(リンク先4頁5段目記事)於:市役所1階ロビー

    2016/6/18(土)13:30-14:30紙芝居を楽しもう(リンク先は小平ふるさと村)於:小平ふるさと村

    小平イベント情報5月



    ←クリックすると、もっと知りたい小平情報
    こだいらネット
      


  • Posted by エルダベリイ at 06:28Comments(0)小平小平イベント情報

    2016年05月05日

    小平イベント情報 2016年5月5日発

    連休も最終日というか、まだ少し残っているというか。とにかく、連休が終わっても、イベント盛り沢山な小平。今回は、ガーデニング好きな方にはおすすめのはみだし情報つきで、小平イベント情報をお届けいたします~。

    2016/2/10(水)-5/29(日)の水、土、日、祝10:00-16:00鈴木遺跡特別展 見えてきた鈴木遺跡の姿(リンク先は資料館サイト)於:鈴木遺跡資料館

    2016/4/5(火)-5/8(日)こいのぼりと五月人形の展示(リンク先は小平ふるさと村)於:小平ふるさと村

    2016/4/19(火)-5/29(日)10:00-16:00ふれあい下水道館 自然エネルギー展と体験教室於:ふれあい下水道館

    2016/5/8(日)10:00-15:00(荒天中止)第24回こだいらグリーンフェスティバル於:中央公園

    2016/5/14(土)、15(日)10:00-16:00第2回なかまちテラスまつり於:なかまちテラス

    2016/5/14(土)13:00-15:00園芸即売会(リンク先はJA東京むさしイベントカレンダー)於:市役所北側駐車場

    2016/5/20(金)-22(日)10:00-16:00口と足で表現する世界の芸術家たち於:三菱電機ビルテクノサービス・教育センター内体育館

    2016/5/21(土)13:30-14:30紙芝居を楽しもう(リンク先は小平ふるさと村)於:小平ふるさと村

    2016/5/21(土)11:00-15:00バスとタクシーの広場イン小平2016於:ブリジストンTODAY駐車場

    2016/5/22(日)10:00-15:00北野中バザールさつき展(リンク先7頁ミニ情報欄)於:北野中集会所

    2015/5/28(土)10:00-12:30BSフェスティバル(リンク先7頁ミニ情報欄)於:ブリジストン体文センター

    2016/5/29(日)10:00-14:00ごみゼロフリーマーケット (リンク先4番目記事)於:市役所北側立体駐車場

    そして、今回のはみだし情報。
    第一弾は、締切間近の第12回花と緑のこだいら ガーデニングコンテスト作品募集。
    展示は2016/5/22(日)-29(日)に小平市役所玄関前。
    詳細はこちら

    第二弾は「小平駅南口の大花壇の花をさしあげます」。
    これは、花壇の植え替え作業に先立って、今、植えてあるパンジー、ビオラ、ストックなどの株を無料配布。
    小平駅前で多くの人を楽しませてきた草花のリタイアライフにもう一花咲かせてあげてはいかがでしょ?
    2016/5/17(火)の10時から。できれば、株を入れる袋やポットの持参のうえ、小平南口ロータリーの大花壇へ!
    詳細はこちら

    小平イベント5月



    ←クリックすると、もっと知りたい小平情報
    こだいらネット
      


  • Posted by エルダベリイ at 07:38Comments(0)小平小平イベント情報

    2016年05月04日

    おもーさまSF 萩尾望都SF原画展

    先週、やっとやっと武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』へおうかがい。

    幼馴染が貸してくれた『なかよし』で「この人の漫画、おもしろいよ!」と一押しだったのが萩尾望都作品。
    『クールキャット』や『ジェニファの恋のお相手は』や別冊の『ケーキケーキケーキ』。
    彼女が言うとおり「目に星がキラキラしていなくても(これ、当時の少女漫画の定番)人物が可愛いし、ストーリーもいいよね」に同感、同感。
    『少女コミック』に移ってからは、SF、ファンタジー作品も多くなり、それまでは「ありきたりで、ちと女の子をナメてる」感が強かった当時の少女漫画よりも骨太でダイナミックな少年漫画の方が好きな自分だったが、萩尾望都は別格!となり、現在に至る。

    『スター・レッド』のセイ。


    『百億の昼と千億の夜』(光瀬龍の小説)の阿修羅王。(お持ち帰りしたいー)


    今回の原画展は、オリジナルのSF漫画や、SF小説の漫画化や表紙、挿絵など。
    「なつかしーーー!」、「読んだ!読んだ!」、「持ってる、持ってる」と懐古的に感激しながらも、原画展ならではの魅力ももちろん。
    繊細な線、星を表現するホワイトの散らし、カラーページの色使い。
    いやいや、美しい、美しい。

    ただ、今回の原画展で拝見できなかったのが代表作『ポーの一族』。
    厳密に言えばSFじゃないから?だけど『妖精狩り』や『キャベツ畑の相続人』はあるじゃん!
    ところが、この『ポーの一族』、40年の沈黙を経て、新作が予定されていると!
    それも、エドガーとアランの物語らしい。
    バンパネラ(吸血鬼)は、永遠に不滅です!
    月刊フラワーズ7月号(5月28日頃発売予定)で『春の夢』の前編40ページが掲載予定とのこと。
    月刊フラワーズの告知ページはこちら

    『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』は、
    武蔵野市立吉祥寺美術館で5月29日(日)まで。
    詳細はこちら
      


  • Posted by エルダベリイ at 15:40Comments(0)多摩