たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

2015年08月27日

丸の内で暁斎を聴く

ちょうど2週間前『画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』展に行った。

場所は、丸の内の三菱一号館美術館。
復元されたものだそうだが、美術館自体が、すでに美術作品のよう。

この建物を設計したのが英国人建築家のジョサイア・コンドルで、このコンドルが弟子入りした画家が河鍋暁斎。
前々から暁斎の画には惹かれていたのに加えて、コンドルの作品も拝見できるとあっては、行かなくちゃ!行かなくちゃ!

自分の中では滑稽画や妖怪画のイメージが強かった暁斎だが、実は狩野派の絵師。
『枯木寒鴉図』の静謐なたたずまい。
明治14年の第2回内国勧業博覧会で妙技二等賞牌(絵画部門では最高賞)を受賞した『枯木寒鴉図』。
暁斎はこの画に100円(現在の価値では200万円位か?)の値をつけた。
それに対し「鴉一羽に100円は高すぎる」との声があったとか。
軽く吹き出しちゃいました、落語の「厩火事」の「そんなに値が高いって、どんなに大きなお皿なんです?」を思い出すじゃあないか。

コンドルの作品や写真なども展示され、建築作品の図面などは、お好きな方には興味をそそられるものだろう。
暁斎とコンドルの日常の交流や一緒に行った旅行の様子などの画を拝見し、やがて作品展は暁斎一色に。

『鯉図』の前に立った瞬間、頭の中を流れてきたのが、ドビュッシーの『アラベスク』。
滑らかに紙のうえを泳ぐ鯉、柔らかな波紋、ああ、これはもう音楽。
一度、そう思ってしまうと、もう止まらない。
『蛙を捕まえる猫図』では、アンダーソンの『トランペット吹きの休日』。ちょっとミスマッチかもしれないが、猫の「してやったり」と蛙の「ま、ま、ま、負けるもんかー!」と身体をうぃんと張っている様子が妙に楽しそうなもので。もしも、猫本気だったら、蛙風前の灯。
『風神雷神図』では、ムソルグスキーの『はげ山の一夜』。
『布袋の蝉採り図』では、プロコフィエフの『ピーターと狼』から『ピーターのテーマ』。布袋様、楽しそーに蝉を採っていらっしゃる。
『風流蛙大合戦之図』では、チャイコフスキーの大序曲何とか年(数字覚えるの苦手なもので。帰宅後調べたら1812年デシタ)。
『文読む美女』では、バッハの『アリオーソ』。
『惺々狂斎画帖(三)』では、ラヴェルの『ピアノ協奏曲 ト長調 プレスト』。この曲はとっても伊福部 昭の『ゴジラ』なのだが、『ゴジラ』ほどの重量感がないので、ぬっと出た巨大猫のイメージにぴったり。
これは、展示途中に、拡大複製したものがあり、ここでは記念撮影もできるという粋なお計らい。
その写真がこちら。

他にも、シャブリエの『スペイン』やヘンデルの『ホーンパイプ』などなどあったのだが、うーん、どの絵だったか忘れてしまった。

浮かぶ音楽がバロックから印象派と幅広いのは、それだけ、暁斎の画の幅の広さを表しているのかもしれない。

堪能した出口には「ご一緒にお写真を」とジョサイア・コンドル氏が固まってらした。


この展覧会、とってもお薦めだが、期間は9月6日(日)まで。
「是非に!」と言うお方は、どうぞお急ぎを。

『画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』展の公式サイトはこちら
  


  • Posted by エルダベリイ at 15:55Comments(0)日々の徒然

    2015年08月20日

    小平イベント情報 2015年8月20日発

    日中は、まだ暑くても、昨日は空の色が少ぅしだけ、秋めいた感じに。
    今朝の雨音には、ちょっぴりほっとする気分です。(でも、雨で被害は出ませんよーに!)
    今回の小平イベント情報でも、秋のイベントが増えました。
    夏バテは秋口とも言いますが、予防には適度な運動も良いそうな。
    夏バテ予防に、小平イベント歩きをお薦め♪
    はみだし情報も、山盛りですよー。

    2015/8/29(土)16:00-20:00 虫の音コーラス18:00-20:00 ナイトミュージアム 於:小平市平櫛田中彫刻美術館

    2015/8/29(土)17:00-20:30 盆踊り大会と模擬店(リンク先6頁最下段) 於:学園東小学校校庭(雨天時体育館)

    2015/8/31(月)-9/4(金)9:30-16:00 障がい者施設製品販売(リンク先4頁2段目) 於:市役所1階ロビー

    2015/9/5(土)9:00-売切迄 果物まつり(リンク先4-5頁5段目) 於:JA小平ファーマーズ・マーケット

    2015/9/5(土)-6(日)17:00-21:00 せいぶ通り秋祭り(リンク先5頁5・6段目) 於:せいぶ通り

    2015/9/6(日)9:00-17:00 センターまつり(年間行事予定9月欄) ボランティア募集中!8/3締! 於:障害者福祉センター

    2015/9/12(土)10:00-14:00 こだいら環境フェスティバル 於:中央公園、総合体育館、ふれあい下水道館
     舞台出演者募集中!8/21(金)締切(リンク先2番目記事) 詳細はこちら
     リサイクル作品募集中!8/28(金)締切 フリーマーケット出店グループを追加募集!決まり次第締切 詳細はこちら

    2015/9/13(日)10:00-14:00 むさし保育園むさしまつり(リンク先3頁左記事) 於:国立精神;神経医療センター内むさし保育園

    2015/10/10(土)10:00-15:00(雨天翌日) えんとつフェスティバル2015 フリーマーケット出店者募集中!(9/10締切)(リンク先3番目記事) 於:小平・村山・大和衛生組合

    2015/10/11(日)-12(月祝)10:00-15:00(最終日14:00迄) KODAIRAわいわいバザール ボランティア募集中!(リンク先4頁2段目) 於:東京障害者職業能力開発校

    そして、今回のはみだし情報。
    撮ったり、食べたり、知りあったり。
    数も種類も豊富なので、トントントンとご紹介。

    第8回丸いポストのある風景 ポストカードフォトコンテスト作品募集 9/1(火)-10/31(土)当日消印有効
    詳細はこちら

    第4回小平グルめぐりスタンプラリー 9/19(土)-11/29(日) 参加店募集中!リンク先9番目記事
    詳細はこちら

    小平プリン食べ歩きスタンプラリー 8/31(月)まで(リンク先は、小平プリン匠の会の紹介)
    詳細はこちら

    第3回仲町まちめぐりスタンプラリー 8/31(月)まで(リンク先は、フレッシュ多摩まるやすのサイト)
    詳細はこちら

    第4回だいらコン 2015/10/3(土)18:00-21:00 要事前申込 今日(8/20)から開始!
    詳細はこちら

    第4回小平ご当地グルメコンテスト 11/14(土)、15(日)出場者募集中!9/9(水)締切(リンク先7番目記事)
    詳細はこちら

    小平イベント情報8月



    ←クリックすると、もっと知りたい小平情報
    こだいらネット
      


  • Posted by エルダベリイ at 06:05Comments(0)小平小平イベント情報

    2015年08月16日

    8月15日という日

    今年は、7月が終わるころから、2冊の本を読み始めた。

    1冊はチママンダ・ンゴズィ・アディーチェ (長いっ!)著の『半分のぼった黄色い太陽』。
    これは、一昨年だったか、友人の教えてくれて読んだものの再読。
    著者は、1977年ナイジェリア生まれの女性。
    物語の舞台は、ビアフラ戦争(ナイジェリア内戦)(1967-1970年)前後の、ナイジェリア。
    人に恋して報われたり、報われなかったり、今の生活に満足したり、不満があったり、主人公たちの普通の生活を描かれている。
    少しずつ、少しずつ、日常に戦争の影が落ちてくるのだが「心配することはない」と思っている。しかし、戦争は確実に彼らに爪を立てる。
    一人の少年は、軍に強制徴用されかけるが、雇い主に助けられた。にもかかわらず、心を寄せる少女を、家の途中まで送っていき、帰りの夜道、もう少しで家に着くというところで、軍に連れ去られる。そこでは「最新の武器」だと信じていたものが、極めて原始的なものだったり、不運にも出くわした女性に非人道的な行いを強制される。
    また、一人の女性は「隣町で何が買えるか見に行く」と言って、出かけたきり、戻ってくることはなかった。
    この物語の怖いところは、日常が徐々に戦争という非日常にとってかわられるということだ。
    そして、繰り返し現れるフレーズは「私たちが死んだとき世界は沈黙していた」。
    無関心が戦争を引き起し、一層、残酷なものにする。

    その、ビアフラ戦争にも取材に行ったのが、開高健。
    もう1冊は、その開高健がベトナム戦争(1960-1975年)の際、1964年に朝日新聞社臨時特派員として戦時下の体験を綴った『ベトナム戦記』。

    ここでも、戦場の最前線にいる者は、敵と、そして味方の無関心に傷つけられる。
    「アメリカ人は本国で"豊かな社会"のなかに暮らしていて、無関心に支配されている」と言う米軍の少佐。155ミリ無反動砲が夜を裂き、土をふるわせるなか、彼は叫ぶ「おれたちは孤立してるんだ。だれにも知られず死んでゆくんだ。ごくわずかの人間にしか知られていないんだ!」
    そして、その死者の数だって、信じられるわけではない。「戦死者、負傷者、行方不明者などの数は、発表者側に都合の良い数字に改ざんされる」し、裏付けをとる資料はない。
    「だから“絶対確実”と断言できるものは、死体そのものしかない」

    しかし、その死体になる、ならぬには格差がある。
    金持ちの家では、子どもたちをフランスに留学させ、兵隊に行くのは、貧農の子どもたち。
    「貧農の子どもが兵隊に行けは、いいのさ。兵隊に行けば、食いっぱぐれはないから」と言われ。

    この『ベトナム戦記』は、TOKYO MXの番組『5時に夢中』で、小説家岩井志麻子が「ベトナムに行く時、必ず持参して読む。そして、必ず同じ部分で泣く」と紹介していたのをきっかけに読んだ。
    その部分とは、地雷と手榴弾を運搬中に逮捕された20歳の青年の死刑が執行される。「青年といっても、やせて、細い首をしたほんの子供」な彼が、逮捕されなければ、運んでいた地雷と手榴弾は確実に人を殺していた。
    開高と一緒にこの死刑執行の様子を見ていた新聞記者がつぶやく。「おれは、もう、日本へ帰りたいよ。小さな片隅の平和だけをバカみたいに大事にしたいなあ。もういいよ。もうたくさんだ」

    しかし、今や「小さな片隅の平和だけをバカみたいに大事」にするには、交通や軍事技術の発達で「小さな片隅」は、世界からあまりにも近くなった。遠国の戦争に無関心でいることは、気づかないうちに、自分の喉元に刃物を当てられることになるやもしれない。
    そして、戦争で、傷つき、涙を流すのは、一般庶民。
    世界中の「小さな片隅」に、爆弾が落とされたり、銃器の音が響いたりせぬことを切に祈る、終戦70年目の夏。

    なお、この記事は、昨日投稿予定だったのが、近しい親戚が、病院に救急搬送されたため、そちらの助っ人のため、1日遅れで投稿。
    昨日の正午は、病室に持っていくものを用意しながら、そっと目を閉じて平和を祈った。

    『半分のぼった黄色い太陽』 河出書房のサイトはこちら

    『ベトナム戦記』 朝日新聞出版社のサイトはこちら
    (自分が読んだのは、小学館の開高健全集 第11巻だが、現在はどうやら絶版のようだ )

    『5時に夢中!』のサイトはこちら
      


  • Posted by エルダベリイ at 06:50Comments(0)日々の徒然

    2015年08月08日

    Very Berry Days ブルーベリー日和14 ブルーベリー×玄米=?

    小平の一橋学園駅近くの学園坂商店街には、「タウンキッチン」というスペースがある。
    色々なお人が交代で、美味しいものをあれこれを商っていらっしゃる、お店だ。
    おかずあり、クッキーあり、パンあり、コーヒーとスイーツあり。
    「美味しい万華鏡」のようなお店。
    現在、月曜、土曜にお店にいらっしゃるのは「Le Ciel(るしえる)」さま。
    こちらは、小平産ブルーベリー×玄米=パンというお店だ。


    小平産ブルーベリーで作った酵母を使い、炊いた玄米を練りこんだパン。


    もっちり、しっとり歯ごたえが好み!
    当日はもちろん、翌日でも美味しい~♪

    他には、スイーツが数種類と、地元野菜の即売コーナーもあり、こちらも人気だとか。
    またまた、学園坂商店街にお楽しみが増えた。

    ブルーベリー酵母 ごはんパン Le Ciel(るしえる)
    場所:学園坂タウンキッチン
    営業:土曜日、月曜日 10:00-16:00(売切次第終了)
    Le CielさまのFacebookページはこちら

    タウンキッチンのサイトはこちら
      


  • Posted by エルダベリイ at 07:09Comments(0)小平小平で食べる

    2015年08月06日

    今年もやってる「身近にできる国際協力ひろば」

    今年も始まった「身近にできる国際協力ひろば」。


    今年も支援のため、 本、切手、未使用葉書、CD、ゲームソフトなどの寄付を募っている。
    自分は、このために、1年間切りためておいた古切手を持参。


    そしてもう一つの目的は、フェアトレード商品の販売コーナー。

    「あった♪あった♪」と喜びながら手に取るのは、紅茶(リーフティー)。
    まあ、普段、ガブガブ飲みのため、フェアトレードどこ吹く風のような(申し訳ない)安価な紅茶を購入しているから、比較する資格もないような自分だが、ほんと、美味しいんですよ、こちらの紅茶。
    今回は、コーヒーと紅茶の試飲コーナーもあるので、ぜひお試しを。

    年に1回、ちょこっと寄付品を寄付して、ちょこっと買い物して「そんなんで、国際協力とは片腹痛い」と言われてもしかたないような非力な協力。
    でも、ゼロよりは1が良くはないだろうか?10人集まれば10になるし、100人集まれば100にもなる。
    そして、知らない国々のことを少しでも知る。
    先ず、知ること。それが、傷つき傷つけることのない平和で確実な安全保障の第一歩のような気がするのだが。

    身近にできる国際協力ひろばの会期等は以下の通り。
    会場:小平市中央公民館ギャラリー
    期間:2015/8/9(日)まで
    時間:9:00-17:00(最終日は15時まで)
    主催:こだいら国際協力プロジェクトSeed
    主催者の情報はこちら
      


  • Posted by エルダベリイ at 04:53Comments(0)小平小平イベント情報

    2015年08月05日

    小平イベント情報 2015年8月5日発

    猛暑日連続記録を更新中の東京。
    ここ、小平も暑暑。玉川上水沿いの木陰の涼しさが嬉しく感じられます。暑中涼あり。
    今回も、イベント情報はたっぷり。熱中症対策バッチリで、おでかけ、おでかけー。
    加えて、美味しそうなはみだし情報もたっぷりです。

    2015/8/4(火)-9(日)9:00-17:00(4日正午から、9日15時まで) 身近にできる国際協力ひろば(リンク先4頁左下記事) 於:中央公民館

    2015/8/8(土)13:30-14:30 紙芝居を楽しもう(リンク先は小平ふるさと村) 於:小平ふるさと村

    2015/8/7(金)、8(土) きんどん市(8日午前中は野菜即売会) 於:学園坂商店街

    2015/8/7(金)、8(土)19:00-21:00 みんなで楽しく盆踊り大会(大雨中止)(リンク先中央5段目記事) 於:小川緑地

    2015/8/8(土)9:00-14:00 第10回ブルーベリーまつり 於:花小金井駅北口広場

    2015/8/29(土)17:00-20:30 盆踊り大会と模擬店(リンク先6頁最下段) 於:学園東小学校校庭(雨天時体育館)

    2015/9/6(日)9:00-17:00 センターまつり(年間行事予定9月欄) 於:障害者福祉センター

    2015/9/12(土)10:00-14:00 こだいら環境フェスティバル 舞台出演者募集中!8/21(金)締切(リンク先2番目記事) 於:中央公園、総合体育館、ふれあい下水道館

    2015/9/13(日)10:00-14:00 むさし保育園むさしまつり(リンク先3頁左記事) 於:国立精神;神経医療センター内むさし保育園

    そして、やたらと美味しそうな今回のはみだし情報。

    暑い時期に、さっぱりいただけるのが嬉しい、このイベントから。
    小平プリン食べ歩きスタンプラリー 8/31(月)まで
    主催の、小平プリン匠の会さまのご紹介はこちら

    お次は、食べるだけでなく、まちをいろいろ楽しめる第3回仲町まちめぐりスタンプラリー 8/31(月)まで
    、フレッシュ多摩まるやすさまサイトでのご紹介記事はこちら

    そして、来月以降のおいしいイベントが2件。
    第4回小平グルめぐりスタンプラリー 9/19(土)-11/29(日) リンク先9番目記事
    詳細はこちら

    第4回小平ご当地グルメコンテスト 11/14(土)、15(日)出場者募集中!9/9(水)締切
    詳細はこちら(リンク先7番目記事)

    小平イベント情報8月



    ←クリックすると、もっと知りたい小平情報
    こだいらネット
      


  • Posted by エルダベリイ at 05:51Comments(0)小平小平イベント情報

    2015年08月03日

    只今、布、募集中!ルネこだいらでワークショップがあるようですよ

    たまたま公民館に立ち寄ったら、おしゃれなボックスを発見。
    「なんだろ?」と見てみると、「着なくなった服大募集!」のチラシが。


    2015/8/23(日)にルネこだいらで「2015ルネこだいら夏休みフェスタ」が行われるとか。
    その中で武蔵野美術大学の学生さんたちとお子さまたちとで、布などで絵本を作る「もぎもぎ絵本ファーム」というワークショップが予定されているそうな。
    そこで使うため、布を大募集中というわけ。
    布ならば、服だけでなく、端切れ、風呂敷、シーツなどなど。
    加えて、ボタン、紐、ビーズ、綿、エアクッション(緩衝剤のプチプチですね)なども募集中。

    早速、擦り切れて穴があいて、いつ処分しようかと思いながら使っていた(!)掛布団カバーを洗濯。
    他にも「着ればTシャツ、脱げばウエス」のようなのもあるし。(いやぁ、テロンテロンになったTシャツって着心地よくって、捨て難いもんでねぇ)
    我が家では、だいたい古布は切って雑巾代わりに使ってしまうので、通常在庫がないのだが、ここ数週間、手首が痛くて切りそびれていたのが幸いした。

    なお「着なくなった服大募集!」だが、ワークショップで使うもの。
    少なくとも、洗濯してからボックスへ入れませうね。
    布募集は、2015/8/16(日)まで。
    回収ボックスが置いてあるのは、ルネこだいら、小平中央・小川西町・津田・小川の各公民館、小川町一丁目児童館。
    ワークショップは2015/8/23(日)。
    2015ルネこだいら夏休みフェスタの詳細はこちら
      


  • Posted by エルダベリイ at 04:59Comments(0)小平小平イベント情報

    2015年08月02日

    お祭りダブルヘッダー 納涼盆踊り&灯りまつり

    夕方「カナカナカナカナ」と蜩が歌い始める頃、家を出た。
    昨晩は、お祭りをはしご。

    先ずは、一橋学園南口ロータリーの市民ふれあい納涼盆踊り大会へ。


    いつもはのびのびしている南口ロータリーの通りも、今宵は足の踏み場もないほどのお賑わい。


    踊っていらっしゃるのは「新小平音頭」


    模擬店もわんさかで、楽しい。
    存じあげているお店のかき氷で、ちょっと納涼。

    この市民ふれあい納涼盆踊り大会は、今夜(2015/8/2)も行われる。

    納涼盆踊り会場の横の精肉店結城屋さんで、豚ひき肉を購入。
    そして、お次は、中央公園の灯りまつりへ。


    並ぶ灯ろうは、遠目にも美しい。


    水遊びしながら、灯ろう鑑賞・・・いや、水遊びに専念してる感も。暑いもんね。


    華やかな灯ろう。


    落ち着いた灯ろう。


    そして、模擬店には、小平らしい地元産野菜も。

    灯ろうを観て楽しんだ後に、ジャガイモを購入。
    豚ひき肉とジャガイモという、祭帰りというよりは買い物帰りのような風情で、お祭り会場を後にした。

    なお、先にご紹介した一橋学園南口ロータリーの市民ふれあい納涼盆踊り大会は、今夜も行われる、ともう一回言っちゃいました。
      


  • Posted by エルダベリイ at 07:26Comments(0)小平小平イベント情報