たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2012年02月29日

雪花読書 雪に咲く花

またもや、雪。
大雪注意報もでていた小平市。
雪が降ると、花を思いながら読み返したくなる本がある。

一つは、宮沢賢治『水仙月の四日』の水仙。
実際には水仙は出てこなかったと思うのだけれど、突然の大雪と命を失いそうになる子ども。それを密かに助けようとする雪童。白い猛吹雪の中の子どもの赤い毛布(けっと)が命の色のよう。
水仙は出てこないのに、水仙の花を見ると思い出す。


もう一つは、泉鏡花『雪霊記事』の菖蒲(あやめ)。
鏡花らしい美しい姉さまとあやかし譚。息もできないような吹雪の中で
「菖蒲が咲きます。」の声は、幻それとも魔?

水仙も寒咲あやめも、小平ふるさと村で撮影。
『雪霊記事』の菖蒲は、もちろん、夏に水辺に咲く菖蒲だが、冬に咲く菖蒲があったとは。

そして、マルシャークの『森は生きている』のまつゆき草。

これは、東京都薬用植物園で撮影。
この『森は生きている』を見事に織り込んだのが、佐々木丸美の『雪の断章』
シリーズ半ばで、作者が命が失われたことは、非常に残念。

その作者のふるさと、北海道の風景です・・・じゃなくて、雪の鷹の台駅。
津軽鉄道じゃないけれど、ストーブ列車が走っていても不思議ではないような風情になっていた。


  


  • Posted by エルダベリイ at 20:02Comments(2)読む

    2012年02月25日

    坂の途中の小平糧うどん「うどん弥 根古坂」

    昨年の12月のこと、年末年始準備の買物のため、自転車を走らせていたら「ふつーの住宅街の道」にいきなり「小平糧うどん」の看板!
    「これは、食べたい!」
    しかし、年末年始の慌ただしさにまぎれ、やっと今週おうかがいできた(遅いよ、自分!)



    ご自宅を改装したと思われる、カウンターだけの小さなお店だが、コート掛や荷物入れ完備で、厚着&大荷物をうまく収めることができた。

    糧うどんをお願いすると「うどんをゆでた後、水で冷たくしたままのと、もう一度お湯をくぐらせて温かいのとできますよ」とのこと。
    ありがたく「うどんは温かいの」でお願いする。

    さて、ご存じの方も多いかと思うが、降水量より浸水量が多い地域(小平を含む)は稲作に向かず、稗、粟、小麦などの穀類の栽培が主だったことから、お祝い事の席などでは「手打ちうどん」が供されるのが常だったとか。
    小平市のホームページにも「小平糧うどん」の項目があるほど、親しまれてきた糧うどん。

    さて、うどん弥根古坂さんに戻ろう。
    入口の暖簾に「贈呈 小平四うどん会」の文字があった。

    これについて、ご主人にお尋ねすると、昔の青梅街道の呼び名からとった「小平うどんの会」があるそうで、ご主人もすぐ近くの小平第一小学校で児童にうどん造り体験授業をなさっているとのこと。
    指導の下、自分たちでこねて、伸してと作ったうどんはとても好評とのこと。
    「その日は、糧うどんが給食の代わりにということもあるけれど、みんな良い食べっぷり。卒業文集に『学校生活で一番の思い出は、小平糧うどんを作って食べたことです』なんて書いてあることもあるそうで」と、聞いているだけでも楽しそうなお話。

    「ゆであがるのに、ちょっと時間、かかりますよ」とのことだったうどんも、そんなお話をおうかがいしているうちにゆであがり、ちょっと色黒、素朴で健康的なうどんがやってくる。



    使っている小麦粉は、小平産の小麦とのこと。
    逸る気持ちを抑えつつ、まずはおうどんだけいただいてみると「美味しい~♪」思わず、麺だけちゅるちゅるといただいてしまう。
    しかし、いりこやサバ節を使ったとのつけ汁放置は失礼なので、つけていただくと、さらに豊かな味わいに。ゆでた野菜(この日はキャベツとニンジン)を加えると、ゆで野菜の甘みも加わる。
    薬味の葱や生姜、自分ですって入れるゴマを順次投入すると、それぞれに風味が変わり「うどんの多羅尾伴内や~」(あははー、古いねー)。

    そうこうするうちに、最初は自分一人だった店内も、続々とお客様が。すると、厨房側にも奥様(かな?)がご参加。
    その昔は「おいしいうどんが打てない女性は、嫁のもらい手がいない」(色々と死語だ・・・)とまで言われたという糧うどん。
    今や、男女共同参画で、美味しい小平糧うどんがいただける。

    うどん弥 根古坂(UDONYA NEKKOZAKA)
    糧うどん 600円
    肉汁うどん 800円
    他、ちくわ天ぷら 100円 ビール450円 日本酒360円~ 等々

    所在地:小平市小川町1-1104-1
    電話番号:042-344-0007
    営業時間:11:00-14:00 17:00-19:00
    定休日 :木曜日
    これ以外に、小学校でのうどん教室等で休みのこともあるので、ご確認が確実。
      


  • Posted by エルダベリイ at 06:33Comments(0)小平で食べる

    2012年02月21日

    小平イベント情報 2012/02/21発

    寒い~!!!という日もあれば「あれっ、春!?」と思うような日もあります。

    お出かけしてみれば、思わぬところで小さな春と出会えるかもしれません。
    お出かけ前には、リンクの連絡先に、ご確認いただけると確実です。

    2012/2/11(土)-3/3(土) ひな人形の展示 於:小平ふるさと村

    2012/2/26(日)9:30-14:00 小平ファイアーフェスタ With FC東京(リンク先3番目の記事) 於:東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド ポスターはこちら
    FC東京応援セレモニー11:00-12:00
    防災チャレンジコーナー10:00-14:00

    2012/3/4(日)13:00-16:00 小川二丁目児童館祭り 於:小川二丁目児童館

    2012/3/5(月)-3/9(金)9:30-16:00 障がい者施設製品販売(リンク先6番目の記事) 於:市役所1階ロビー

    2012/3/1(木)、3/2(金)9:30-15:00 多摩済世病院第12回ふれあい祭(リンク先は病院のサイト) 於:多摩済世病院

    2012/3/10(土)-11(日) 第24回小平市公民館まつり(リンク先4番目の記事) 於:中央公民館

    2012/3/17(土)13:30-14:30 紙芝居を楽しもう 於:小平ふるさと村




      


  • Posted by エルダベリイ at 08:45Comments(4)小平イベント情報

    2012年02月19日

    パティシエ調理師専門学校の学園祭(2012/2/19日まで)

    昨日、今日2012/2/18(土)、2/19(日)と、国際パティシエ調理師専門学校・国際健康植物学専門学校の学園祭・卒業作品展が行われている。


    観て食べて買って帰ろうかと、おうかがいしてみた。
    入口のディスプレイ。フェルメールの名画をパンで再現「芸術はパンだ!」
      今回で8回目というこの学園祭、すでに常連のお客様もいるようで「今年も3階で買えるの?」と状況把握、完璧な方も!
    自分は、初めてなので、ゆっくり回ることに。



    お料理だけでなく、フラワーアレンジメントやお茶席などなど、プロを目指すお人には製菓、料理に以外にも様々な技術の習得が必要なのだなぁ。

    小平市商工会会長賞と小平洋菓子組合長賞の作品。




    専門課程在校生のオリジナルレシピ展示もあり「お好きなレシピを1つ選んで投票をお願いします」とのことで、1枚1枚拝見。
    しかし「客(←自分デス)ってワガママー」。
    材料・作り方が複雑で味の見当がつかないものは「凝りすぎじゃない?」。逆にあまりにも見当がつきすぎるものは「素人でもできそー」。
    結局、作ったことがあり、更に一工夫で「おっ!」と思わせるレシピに投票。

    食の安全(これも大事!)に関する研究発表もある。
           食堂、喫茶、即売コーナーもあったが、なかなかの行列だったため、力尽きてパス。
    昨日は、1階のレストランで限定80食のフレンチのコースが1000円とのことだった。
    ここは、本日は、東北の伝統料理店「んめ亭」(11:00~なくなり次第終了)になるとのこと。東北御膳と東北松花堂ちらし弁当どちらも限定50食1000円。

    本日の学園祭は10:00-15:00。でも、昨日の勢いでは、早々に売り切れるものもありそう。
    また、今回の学園祭のテーマjは「がんばろう東北!!」
    寒い日になりそうだが、可愛いもの、綺麗なもの、美味しいものを観て、食べて、買って、学ぶ若人や被災地を応援して暖まるのも楽しいかも。

    昨日、購入したのは、実習作品の販売コーナーで、ハーブティ(インフルエンザ予防に良いといわれているエキナセア入り)、切り干し大根、九条ネギ(これは生)、被災地応援コーナーで、福島県産のお漬物を購入。原材料の放射線量は測定済みで安全は確認されているという説明付きだった。
      


  • Posted by エルダベリイ at 08:26Comments(2)小平

    2012年02月18日

    「Cafeおいしい時間」でおいしい時間

    時間を忘れるほど無中になって「ハッ!」と気づくと寒くて、もうお昼でお腹も減って、そんな時に暖かく迎えてくれるようなお店があったら・・・、という状況にあったのが1/11(水)の小平市消防出初式帰り。グリーンロード(狭山・境緑道)を自転車漕ぎながら「さて・・・」。と、その時目に入ったのが「Cafeおいしい時間」の看板。「メニューは・・・スープランチ!これぞ!」




    センスとお人柄の良い友人宅にお邪魔するかのような暖かい木の扉。
    ドライフラワーのリースも優しげな風情。







    注文は迷わずスープランチ。これはトーストかおにぎりを選べるとのことで、トーストをお願いする。
    オニオンスープ、ミモザポテトサラダ。これで900円。
    飲み物をセットでお願いすると50円引きとのことで、ロイヤルミルクティーをお願いする。


    オニオンスープは、優しいお味に溶けたチーズで温まる~。
    トーストは厚切りで、外はカリッ、中はフワフワ。「トーストは薄切りのパンを、カリカリに焼くのが本物」というエッセイを読んだことがあるが、自分は外カリ中フワが好みなので、このトーストに大満足。
    加えてバターが、生クリームをホイップしたばかりのものなのか、口の中でふうわりとふくらみ、サラリと溶ける、バターだけでも舐めたくなる美味しさ。

    店内も木がふんだんに使われ、温かみのある雰囲気。
    ドライフラワーのアレンジメントも優しい色合いで和ませてくれる。
    ドライフラワーはお教室もあるよう。詳しくはこちらで。
    入口に置かれたディスクオルゴール(多分)の演奏も定期的に行われているとのこと。

    「Cafeおいしい時間」は、お腹にも身体にも心にも優しく、おいしい時間を過ごせる、そんな場所。

    Cafeおいしい時間
    所在地:小平市花小金井6-45-25
    電話:042-427-7083
    営業時間:9:00-17:00
    モーニングサービス9:00-11:00 ランチタイム11:00-14:00
    モーニングセット:680円から
    ランチメニュー :880円から スープセット:900円
    定休日:第1・第3月曜日、火曜日
      


  • Posted by エルダベリイ at 09:00Comments(2)小平で食べる

    2012年02月09日

    マイスタイルな夜第八夜に出席 2/19(日)には上映会


    先月、2012年1月27日(金)に、末広がり第八夜を迎えた「マイスタイルな夜」に出席。
    案内開始後、あっという間に定員となり、キャンセル待ちして参加することができた。


    主催は、このブログを始めるきっかけになった小平ブログ塾の企画運営をなさったNPO法人Mystyle@こだいらさん。
    場所は、小平駅前の永田珈琲の「スペースこもれび」。初めておうかがいしたが、美術工芸品などが飾られた上質なスペース。        今回はNPO法人ワップフィルムの(かずゆき)様と菊地真紀子様、お二人のゲストによるトークライブ。

    先月「電車男」や「モテキ」などの大ヒット映画のプロデューサー川村元気さんの講座を受講する機会があった。
    そこで印象に残ったのが「コンセプトがしっかりしている映画は良い作品になるし、制作過程で揺れる時もコンセプトに立ち返ると、軌道修正できるだけでなく、予想以上に良いものができる場合がある」というお話。

    ワップフィルムさんの場合は「地域課題を解決し、地域応援!」というコンセプトがベースにある。そして「行政、企業、住民、市民」と、地域巻き込み型の映画製作。
    今回の『商店街な人』の、世にも稀な地元銭湯での上映会(!)の様子を撮影したものも上映されたが「スタッフも観客も楽しそう~~~!!!」ちょっと巻き込まれてみたいかも。

    今月、この『商店街な人』が小平市で行われるソーシャルキャピタルカフェⅡで上映される。
    「どんな課題があるのか?そして、その解決法とは?」これは、見に行くしかありません。

    ソーシャルキャピタルカフェⅡ「上映会+ワールドカフェ」
    日時:2012//2/19(日)13:00-(開場12:30)
    場所:嘉悦大学E棟 大会議室
    料金:1,500円(茶菓付き)
      


  • Posted by エルダベリイ at 19:15Comments(0)小平

    2012年02月07日

    投票始まる「こんなに大好きこだいら50選」

     
    何度かご案内してきた「こんなに大好きこだいら50選」の投票が始まりました。

    写真部門と動画部門合わせた応募作品のなかから、Web投票によって、「こんなに大好きこだいら50選」が選ばれることになります。

    応募してないから関係ない~なんて言わないで。
    小平の、まだ知らない風景、お店、イベントが色々。
    ガイドブックではないので、題名やコメントをヒントに探してみるのも楽いかも。
    知人、友人に小平のことを紹介するのにも使えそう。

    作品の鑑賞、投稿はこちらから。

    投票期間:2/6(月)-3/11(日)
    投票回数:同じ作品については1日1回。違う作品であれば、1日に何作品にでも投票できます。

    あなたの「だいすき」な小平の1枚はどれでしょう?




      


  • Posted by エルダベリイ at 13:22Comments(0)小平

    2012年02月05日

    小平イベント情報 2012/02/05発

    立春を過ぎても、春は名のみ、風の寒さ。

    でも、色々なイベントが予定されている小平市。
    お出かけ前には、リンクの連絡先に、ご確認いただけると確実です。

    2012/2/11(土)-3/3(土) ひな人形の展示 於:小平ふるさと村
    2012/2/18(土)10:00-16:00・19(日)10:00-15:00 卒業作品展&学園祭リンク先ページ中ほど 於:国際パティシエ調理師専門学校・国際健康植物科学専門学校

    2012/2/18(土)13:30-14:30 紙芝居を楽しもう 於:小平ふるさと村

    2012/2/18(土)11:00-正午 第5回ふるさと村寄席 於:小平ふるさと村

    2012/02/26(日)9:30-14:00 小平ファイアーフェスタ With FC東京2012リンク先3番目の記事 於:東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド
    小平消防署のポスターはこちら
      FC東京応援セレモニー11:00-12:00
      防災チャレンジコーナー10:00-14:00
      FC東京親子サッカー教室事前予約が必要



    風邪ひかないよう注意して、元気にお出かけ、お出かけ。
      


  • Posted by エルダベリイ at 14:25Comments(0)小平イベント情報

    2012年02月03日

    国分寺「ファルスタフ」で生パスタはいかが?

    勤めていた時、時々自転車を走らせて食べに行っていたのが、こちら、国分寺は生パスタのお店リストランテFalstaff(ファルスタフ)
    昨年(2011年)12月に、TV番組「ぶらり途中下車の旅 西武多摩湖線・新宿線」でも紹介されたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれない。



    この日はランチコース「菜の花のオレッキエッテ」に、サラダ、パン、、デザート、飲み物(1,000円)をいただく。


    色鮮やかな菜の花に、道路にまだ残っている雪を忘れ、春を感じる。
    生パスタと菜の花の食感も抜群。「こんなにもっちりした菜の花初めて」「味が濃いよねー」「手作りの生パスタ、お手間かかるでしょうねぇ」と、姦しく感動。


    食後に友人はプリンとコーヒー。










    自分はカサータと紅茶。
    こちらのお店、紅茶も美味しいのが、嬉しい。




    シェフは釣りがお好きで、釣果がメニューの一部に供されることもあり、それをお楽しみのお客様も多いようだ。
    以前、その釣りにいらした時にお怪我をなさって、数か月お店の休業を余儀なくされた時期があった。
    友達同士で「前を通ったけれどまだお休みだった」、「今日も閉まってたよ」と再開を待ちわびての情報交換。再開情報を友人から聞きつけ、自転車を乗り付けた。
    「いやぁー、大変でした。でも、病室で新しいメニューも考えましたから、楽しみにしていてください」とのお話に美味しいもの作りたい、食べてもらいたい魂を感じた。

    国分寺駅北口からちょっと歩くけれど「今日は何があるかな?トマト系にしようか、クリーム系にしようか」と考えていると、あっという間に到着。
    さて、今日は、ピーチか?タリアテッレか?ガルガネッリか?あれこれ迷うも楽しい時間。

    リストランテFalstaff
    所在地 :東京都 国分寺市 本多1-6-6 藤和シティコープ1-B
    電話番号:042-328-6230
    定休日:毎週 火曜、毎月第1第3月曜日
    営業時間
    ランチ:11:30-14:00
    ディナー :18:00-22:00 (L.O.21:00)
      


  • Posted by エルダベリイ at 09:40Comments(2)多摩で食べる