たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

2012年01月19日

脳と腫瘍とエトセトラ7

---悲しき認知症状態---
常識が勝利しはじめると辛いのが「わからないこと過積載。なのにきちんと質問できない」
入院や術後の心得をちゃんと説明いただいていたとは思うのだが、そのあたりが「記憶ぶっ飛びー」なものだから「どういう理由で、何をすべきか、何をしてはいけないのか」がわかっていない。かなり迷惑患者だったと思う(今さらですが、ごめんなさいー、ごめんなさいー)。
それならお尋ねすればよいようなものだが「このことがわからない」というだけの文章を脳内で組み立て口から出す力がない。脳内ではネズミが滑車をカラカラカラカラ回すだけ。何も前に進まない。
結局は、自分として大層大層不本意ながら、理性が感情に打っちゃられた状態になってしまう。ひたすらに悲しいことです。




読んでみました

認知症の知りたいことガイドブック―最新医療&やさしい介護のコツ
認知症の知りたいことガイドブック―最新医療&やさしい介護のコツ
全くの素人考えで「手術前後の状態って認知症に似ていたかも」とは思っていた。しかし「認知症=アルツハイマー病」だと思っていたので、自分は当てはまらないと思っていた。
しかし、この本を読むと、認知症のうち原因がアルツハイマー病は50%、脳血管に起因する認知症は30%。これには、血管が詰まる「脳梗塞」や血管から出血がある「脳出血」がある。
右脳が変形するまで腫瘍によって圧迫されていたのだから、血管にもいろいろ障りがあっただろう。
認知症の状態としては記憶の低下、生活の支障などがあり「衣服の着脱ができない」は要介護2。
わ!自分、それだったぁ~。
自分を思い返して「あんなの!」を介護するご家族のご苦労はそれはそれは大変だと拝察。でも、本人も辛い。知らないうちに、ルールもわからず八幡の藪知らず大迷路ゲームに参加させられているみたいな。
それを介護者が全て受け入れていては、身がもたないだろう。患者が「何となく」でも納得そして安心でき、ご家族にも負担の少ない「落としどころ」を探していただければと思ったりする。「認知症から還ってきた患者」からのお願い。



  • 同じカテゴリー(健康)の記事画像
    脳と腫瘍とエトセトラ6
    脳と腫瘍とエトセトラ5
    脳と腫瘍とエトセトラ4
    脳と腫瘍とエトセトラ3
    脳と腫瘍とエトセトラ2
    脳と腫瘍とエトセトラ1
    同じカテゴリー(健康)の記事
     脳と腫瘍とエトセトラ6 (2011-11-18 06:21)
     脳と腫瘍とエトセトラ5 (2011-10-12 07:23)
     脳と腫瘍とエトセトラ4 (2011-09-14 05:59)
     脳と腫瘍とエトセトラ3 (2011-08-27 06:00)
     脳と腫瘍とエトセトラ2 (2011-08-22 13:31)
     脳と腫瘍とエトセトラ1 (2011-08-20 12:53)

    Posted by エルダベリイ at 05:16│Comments(2)健康
    この記事へのコメント
    エルダベリーさんも、手術体験者でしたか。

    人生、いろいろありますね。

    イラスト、おおらかでユウモアがあって、とても良いですね。
    お人柄かな。
    ひょっとして、イラストのお仕事されている?
    Posted by aruvoaruvo at 2012年01月19日 11:14
    >aruvo様
    コメントいただきありがとうございます。
    本当に、人生いろいろあります(しみじみ)寒くなって術後の傷跡が痛い日が増えました。aruvo様もどうぞお大事になさってくださいませ。
    イラストお褒めいただきありがとうございます♪ただイラストの仕事をやったことは全くないんです。図画工作、美術の成績も悪かったし(苦笑)。授業中にノートの端にポンチ絵描くのが好きだったのが、現在に至っております。
    Posted by エルダベリイエルダベリイ at 2012年01月20日 15:49
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    脳と腫瘍とエトセトラ7
      コメント(2)