たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  小平市 小平市

2012年07月25日

ジャーナリスト楽校inこだいら 四つのロゴマーク

さて、2012/7/21(土)に行われた、ジャーナリスト楽校in小平の夏祭り。
二楽期の実践編「キャッチコピーとロゴマークを作ろう」の発表会。
前回、受講生がグループごとに提出したロゴマークを株式会社サンアドの岡本先生がブラッシュアップしてくださった。

画像は、提出課題、その下にブラッシュアップ作品の順、とご説明しなくても、一目瞭然ではあるのだが、念のため。
投影された画像を撮影したものなので「すみません。解像度悪いです。実物はもっと見応えあります」と言い訳をしたところで。

では、A班から順番に。課題は小平ふるさと村。ふるさと村の水車をメインに、「小」と「平」はベーゴマの形の中に。ふるさと村の素朴さ、温かさが伝わってくる。


ブラッシュアップ後。背景色の白で、よりくっきり。それぞれの文字の背景色がそれぞれ異なっているのに、どこか和の落ち着いたテイストが。


B班の課題はふれあい下水道館。水滴と「下」の字の上に家と発想がナイス!

ブラッシュアップ後。水滴が大きくなり、「下」の文字も下水道のように見えつつ「下水道館」とくっきり読める。


C班の課題は小平市国際交流協会KIFA。手書きのキャラ文字の「つながってるよ」感から温かさが伝わるなごみ系。


ブラッシュアップ後。可愛いKIFAのキャラ文字を全面的に活かした作品に。


そして、D班の課題は小平市。平らな地形、緑、玉川上水、丸ポスト、ブルーベリーを幾何学模様で表現。左右のデザインは同じで地色違い。

ブラッシュアップ後。長方形の長さを伸ばし、より平らな地形をアピール。円の位置を変え、躍動感をプラス。KODAIRAの文字がひらがなになり、より親しみやすい。


ブラッシュアップ後の作品には、他にも素敵なバリエーションがあったが、僭越ながら自分が最もお気に入りの1点のみのご紹介で失礼を。

会が始まる前、事務局の方と「楽しみですねぇ」、「でも、全く違うものになっていたりして」、「それは、ショックかもー」などと笑っていたのだが、提出された受講生の作品が、きっちり生かされつつ、格段に良い作品になっていた。
プロの技は、すごい!
交流会で皆さまと雑談中、お一人から「完成版のロゴのキャッチコピーは、難しいフォントを使っていらっしゃるわけではないけれど、きっちり伝わる」というご感想が。
確かに!(また、そこに気づくその方の感性にも脱帽)

さて、今回のキャッチコピーとロゴマーク作成。各班の選択課題の他に、必須課題として「ジャーナリスト楽校inこだいら」のロゴマーク作成があった。
これも7/21(土)に決定したが、こちらにつきましては、また後日ご報告を。



  • 同じカテゴリー(小平)の記事画像
    小平イベント情報 2017年5月26日発
    小平イベント情報 2017年5月10日発
    春のうららのミニショップ カゼカフェにて
    小平イベント情報 2017年4月27日発
    小平イベント情報 2017年4月7日発
    小平イベント情報 2017年3月24日発
    同じカテゴリー(小平)の記事
     小平イベント情報 2017年5月26日発 (2017-05-26 05:41)
     小平イベント情報 2017年5月10日発 (2017-05-10 08:54)
     春のうららのミニショップ カゼカフェにて (2017-05-03 09:27)
     小平イベント情報 2017年4月27日発 (2017-04-27 04:48)
     小平イベント情報 2017年4月7日発 (2017-04-07 13:34)
     小平イベント情報 2017年3月24日発 (2017-03-24 16:24)

    Posted by エルダベリイ at 10:42│Comments(0)小平
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ジャーナリスト楽校inこだいら 四つのロゴマーク
      コメント(0)